薬師寺東塔と南大門
薬師寺の東塔
ゆく秋の 大和の国の薬師寺の 塔の上なるひとひらの雲   佐々木信綱  「新月」より
南大門のそばからスケッチしたものですが、本当はポストや電柱が視界を遮っています。
手前の生垣も、もっと背の高いものです。
次は唐招提寺
戻る

一覧表に戻る。
具象より抽象がもてはやされる時代ですから、具象の中でも絵はがきのような絵、つまり「見た目が綺麗な絵」は、随分と肩身の狭い地位にあるようです。