宝珠院の柿
宝珠院の柿
大仏殿の裏を一本の道が走っていて、東へ辿ると出会うのがこの風景。柿の木のある建物は
宝珠院という子院で、早い話がお坊さんの住まいなのですが、そこに柿が一杯実っていて、いい眺めなのです。
二手に分かれる道を右に行くと二月堂へ。
次は宝珠院と二月堂

戻る

一覧表に戻る。
下描きには鉛筆を使うのが一般的ですが、私はほとんど割り箸で描きます。
その方が鉛筆よりもメリハリが出るのでよく使います。

先を削らないで描くところがミソです。
描き方は拙著を参照して下さい。