唐招提寺南大門
唐招提寺南大門
「大和路めぐりの楽しい水彩スケッチという本の表紙に使った作品です。
 
唐招提寺は、盲目の身で中国から来日した鑑真が759年に創立した私立のお寺ですが、初めは簡素な宿院として発足したようです。
この南大門は昭和35年に奈良時代の様式を模して建てられたもの。


 次は平城宮跡
薬師寺からまっすぐ北へ10分ほど歩いて右折するとこの門に出会います。金堂は残念ながら今は解体修理中です。
戻る

一覧表に戻る。