山の辺の道から二上山を望む
山の辺の道から
  二上山を望んで
うつそみの人なる我や明日よりは二上山を弟と我が見む     
                    大来皇女     「万葉集  165」 より


景行天皇陵の近くから。

はるか左手、らくだのこぶのような山が二上山。 
右手が御陵の堀。

二上山の山頂に悲劇の皇子、大津皇子が眠っています。



絵の具と筆は国産でも良いのではないかと思いますが、紙は外国製がやはり優れているようです。
次は 山の辺の道その2

戻る

一覧表に戻る。
ふたかみやまをいろせと
(うつそみの=現世の)