平城京へは自転車で家から10分もかからないのです。 それでよくふらりとやってきます。  
北にはこの大極殿があり、南に朱雀門があります。  
大極殿にはよく人が見学に訪れますが正面の階段を上がるのではなく、左手から裏側に回ってそこにある階段を上がり、いま左手に暗く見えている入口から入ります。
そして見終えたら反対の右手の出口から出て又裏の階段から下りて帰ります。 1階部分の柱と柱の間が暗く見えるのは分厚いガラスが嵌っているからです。 そして前に立つ柱の影が縦に暗く映っています。  
               2015年3月7日 

大極殿の
  佇まい

一覧表に戻る。    TOPに戻る。