ここは以前から一度描きたいと思っていたところ。 
カンカン照りの今日、ようやく決心して陰も何にもない道端に座り込んで鬱蒼と繫る二本の楠に囲まれた祠を描いてみました。  何が祀られているか定かではありません。  平城京の北の方には古墳が沢山あり、、大きいものは周囲を水濠で囲まれているものがあります。 この祠は 「うわなべ」 という大きな古墳の水濠の土手に祀られているもの。 水濠のそばだから水神か、それとも風神だろうかと、あれこれ想像しながら汗だくでスケッチしました。 右側はお寺みたいに見えますが普通の民家です。よくお寺と間違えられるそうです。
                         2013年8月3日

   祠

戻る。



一覧表に戻る。



次へ。