右手の奥が大和郡山城の追手門です。そして左手前が追手門を守るための櫓で追手向櫓と言い、突き当りが多聞櫓と言うそうです。  追手門を潜って左手へ坂を上り、振り返ると先月の16日に更新したスッケッチの構図になります。 今月はその場所で教室をしていてあと数回で終えますが、この絵は教室を終えた帰りに2日ほどかけてデッサンをして、今日(6月11日)着色して漸く仕上げたものです。  ここは全く陰が無いのでカンカン照りの日にはとてもじゃないが描けないところ。 ですからデッサンと着色は曇った日を選んでしています。
                2013年6月12日

追手門付近

追手門付近

戻る。



一覧表に戻る。



次へ。