三重塔付近・興福寺
三重塔付近
   
興 福 寺
   
北円堂の南の方に行くと緩やかな坂を下ったところに崇徳天皇の中宮が建立(1143年)という三重塔があります。 塔は治承四年(1180年)の平家の南都焼き討ちで焼失したあとすぐ再建され、現在に至っているとか。  その塔のそばからは右手に南円堂が見え、さらに右手には五重塔の先端の部分だけが見えるのですが、それでは面白くないので屋根が少し見えているように描いてみました・・・
                    2012年10月14日
戻る。



一覧表に戻る。



次へ。