鶴の茶屋付近
鶴の茶屋付近
ここは一の鳥居から春日大社に向かう参道の途中で、東大寺へ向かう道と出会ったあたり。  (ちょっと面白いな) と思って描きました。
手前の茶店は鶴の茶屋と言うらしいですが、一見この茶店と繋がっているように見える松の向うの建物はもちろん茶店とは何の関係も無く、かなり離れていて、元は明治35年(1902年)に建てられた奈良県物産陳列所だそうです。 現在は奈良国立博物館の「仏教美術資料研究センター」という、長い名称の博物館の別館になっています。
                  2011年4月18日
戻る。



一覧表に戻る。



次へ。