浮見堂晩秋
浮見堂晩秋
去年の12月に描いているので晩秋というより初冬と言った方がいいかも知れません。 小枝にしがみついている紅葉もごく僅か。オー・ヘンリーの「最後の一葉」を想い出すようなシーンで、そしてあたかも私の余命を暗示しているようで、描いていて苦笑しました。 ま、それもよし、最後まで一生懸命頑張るつもりです・・・
ところでまだまだ先の事だと思っていた個展がもうすぐです。 用意は出来ましたが天気予報を見ると初日の9日は雨だとか・・ それでも観に来て下さったら大変嬉しいです。 どうか宜しくお願い致します・・・
    2010年3月6日
戻る。



一覧表に戻る。



次へ。