吉城川のほとりの茶店・その2
吉城川のほとりの
     茶店
その2
また行ってみました。 かなり色付いてきていますが、もっと赤くならなのだろうかと少し不満です。しかし萱葺きの茶店には申し分の無い環境ですね。赤い傘や毛氈の床机はもとよりのこと、朱塗りの橋も趣きを添えているわけだし、通りかかった人達が足を止めてさかんにカメラのシャッターを切るのも無理からぬことと思います。
               2009年11月20日
戻る。



一覧表に戻る。



TOPに戻る。