名残りの桜
名残りの桜
一陣の風と共に桜も散り初めて、何やら寂しい想いにかられるこの頃、東大寺の境内で名残りの桜花が私にこの絵を描かせてくれました。手前左手の柵は正倉院へ通じるところ。このあたりは私の好きな散策路で、左手の路を行けば桜吹雪を浴びながら二月堂へと辿ります。 静かな境内でのひととき。至福のスケッチでした。   
                      2009年4月12日
戻る。



一覧表に戻る。



次へ。