法輪寺
何でもない普通の景色を描いたら?とよく人に言われるので一応はそのつもりで出掛けるのですが、気が付けばにこうしたお寺に来てしまいます。



次へ

一覧表に戻る。
重の塔は昭和19年に落雷で焼失したのですが、作家の幸田文さん(幸田露伴の次女)などの尽力で昭和50年に再建されたということです。

あたりは閑静なところで、時折車が走り抜ける程度。 法隆寺あたりからハイキングの人たちがよく通ります