奈良女子大
  奈良女子大


今は教室をしているので、自分の絵を描く暇が無く、急いで描いたデッサンを見て頂きます。 教室をしている奈良公園に行く途中、奈良女の前をいつも通るのですが、どうしても描きたくて1時間ほど早く家を出て描きました。 勿論いつかこれに着色しようと思っています。
このデッサンですが、実際とは少し違う感じに変えています。
屋根の上の尖った塔は左側の木の葉陰に隠れて殆んど見えないし、左側の木はもっと大きく、右手奥のメタセコイアに負けぬほどの高さに見えています。 それでは絵にならないのでこじんまりとした木に変え、尖塔も見えるようにしてみました。   
    2008年6月10日




戻る。  一覧表に戻る。    次へ。


余談ですが・・
東大寺境内の大湯屋あたりに白い綿のようなものがふわふわと飛んでいます。  柳絮(りゅうじょ)といって、針の先程の小さなヤナギの種が綿毛に包まれて飛んでいます。ヤナギには柳と楊があって、柳はシダレヤナギのことで、よく見られるもの。楊はタチヤナギで、大湯屋の南側にある小さな池のほとりの巨木がそう。 五月下旬に飛ぶと聞いていましたが、先日行ってみるとまだふわふわと飛んでいました。