見詰める先は自分の未来
見詰める先は
  自分の未来



今日は我が家に友人が集って、お互いを描くという、賑やかな人物画のレッスン会をしたのですが、これはその折の1枚です。

目の前の友人を見詰めて絵筆を走らせる女性を描いてみました。真剣そのものの瞳の奥にある彼女の未来まで表現出来たらいいのですが・・

この絵は3月7日から始める私の個展に飾らせて頂こうと思っています。

人物画はとても楽しいものです。 若い頃は随分と人物を描いたものでしたが最近はなかなかチャンスに恵まれません。 
  
    2006年1月16日


戻る。   一覧表に戻る。    次へ。