花の絵
メドー・セージ
雨が降り続いてスケッチに出られず、鬱々とした毎日を過ごしています。  仕方が無いから庭に咲いている花を描いてみました。 花の絵を描くのは、ほとんど初めてのことです。

風景の場合、ワットマン紙を使うのですが、今回はキャンソン紙に描いてみました。
正直言って疲れました。 いわゆるボタニカル・アートというのはどうも苦手です。 精密さが要求されるので、いい加減な性格の私には向きません。
この絵もざっとした描き方ですが、私の腕ではこれ位です。それでも三日も描かずにおれば間違いなく腕が鈍るので、練習の積りで描いてみました。
10種類あまりあるセージの一種で、背丈ほどの高さに延び、花はまるで恐竜のように大きく口を開けています。


戻る。  一覧表に戻る。       次へ。
花の絵  メドー・セージ