猿沢池の柳
猿沢池の柳
今日は柳に惹かれて池の東南からスケッチしました。左側の柳は、本当は何本も木を添えられて、やっと立っています。 右側の柳に見え隠れする石塔は。その昔、帝の寵愛が薄れた事を嘆き悲しんで入水した釆女の霊を慰めるためのものとか。  
ちなみに猿沢池は、猿とはまったく関係が無くて、奈良時代に築造された頃は、佐努佐波と呼ばれ、それが転じたものだそうですよ。(日本歴史地名大系:平凡社)    2005年5月30日
戻る。


一覧表に戻る。


次へ。