東 大 寺 知 足 院
東大寺知足院
正倉院の東側に北へ抜ける道が有りますが、その道をだらだらと降りていってすぐ右にこの知足院の石段が見えます。ここには有名な八重桜があると聞きましたが、天然記念物のためか、どうも非公開のようです。

いにしへの奈良の都の八重桜
   けふ九重ににほひぬるかな


泉式部や紫式部と親交のあった伊勢大輔(いせのたゆう)が詠んだ八重桜は、この知足院で大正11年に発見された「ナラノヤエザクラ」という品種の桜だったとされています。

私の夏休みも今日限り。 UPも遅れがち、というより止まりがちになるでしょう。
            2004年8月31日

  
      戻る。

      一覧表に戻る。

      次へ。