東大寺南大門
本当に大きい。よくぞ人の力で建てたもの、と見るたびに感心します。高さは25mとか。
ご存知のように治承4年(1180年)の乱で焼失したあと再建されたものですが、使われた18本の杉の円柱は山口県から水路運ばれたと聞きます。もちろん、天井まで継ぎ目も無い通し柱だし、もうこれほどの杉は国内では求められないでしょう。2004年6月17日
戻る。


一覧表に戻る。


次へ。
東大寺南大門