浮見堂の桜
浮見堂の桜
世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし」
                
在原業平朝臣  古今集:53 より
(世の中に全く桜が無かったとしたら、もう咲いただろうかとか、もう散っただろうかなどと気をもむことも無く、春は落ちついていられるのに。)
本当に桜は美しい。
そしてこんなに心をゆたかにしてくれる花はほかに無い。あたたかく、包み込まれるような幸せを感じさせてくれる。

奈良公園の一角には、こうした池と浮見堂があって、市民の憩いの場になっています。 


   次へ。

   戻る。

  一覧表に戻る。