山焼きの翌日
山焼きの翌日
今日は雲ひとつ無い、いいお天気でしたね。
自宅からさほど遠くない平城宮跡へ、誘われるように散策に出掛け、若草山の方を向いて小さなスケッチブックを取り出しました。
若草山には昨夜の山焼きで黒々とした焼け跡が見え、左手に大仏殿の大屋根、その左に二月堂の屋根もここから遠く見ることが出来ます。 また右手には興福寺の五重塔、その後ろに阿倍仲麻呂が詠んだ御蓋山(みかさやま)、そのまたうしろに春日山が連なっています。
何も無い、原っぱ同然の宮跡では親子連れが歓声を上げてキャッチボールをしたり、凧揚げを楽しんでいました。 平和なひとときがゆっくりと流れ、健康でスケッチが出来る幸福をしみじみと味わった一日でした。 2004年1月12日
戻る。

一覧表に戻る。


次へ。