二年坂 その3
二年坂 その3
正確には二年坂よりの眺めです。 影などまったく無いカンカン照りのもとで、坂の中ほどから見下ろすような感じでスケッチしました。 もう汗だく。
このあたりから産寧坂まで、描きたいところはいくつか有るんですが、店先に座り込むわけにもいかず、困っています。2003年8月1日



一覧表に戻る。


次へ。
京都の絵はしばらく経ったら、
「ちょっと京都へ」に移します。