実りの秋・法起寺
実りの秋・法起寺

明治40年に高浜虚子がこの寺を舞台にした「斑鳩物語」という小説を書いています。

法隆寺夢殿南門前の旅館大黒屋のお手伝いさんと、法起寺の若い僧侶との恋物語。


    次へ

戻る。


一覧表に戻る