奈良ホテル遠望

奈良公園にはいくつか池があります。 
よくスケッチする浮見堂がある池の近くにこの絵の池があり、縦断するように堤があって、その上を車が天理方面に疾走しています。 堤にある橋の下を通して池が向こう側にも続いています。  水面には明治42年(1909年)関西の迎賓館として誕生した奈良ホテルが樹木越しに垣間見える姿が映り込んで美しく、池端で鳥の声を聴きながら時折スケッチしています。
               2016年10月3日

戻る。



一覧表に戻る。



次へ。