右にある基壇には将来南大門が再建されると思いますが、その基壇を挟むようにして土塀が巡らされています。  その中に三本の桜の老木が立っています。 今夜の激しい雨でもう大分散ったでしょうけど今年も見事な花を咲かせたのでちょっと描いてみました・・    手前の竹で囲まれた部分は「般若の芝」と言って、毎年五月の半ばここに舞台が作られ、薪能が催される場所です。 
明日はお釈迦様の誕生日。  南円堂の前では可愛らしいお釈迦様の像が飾られ大勢のお坊さんが読経してお祝いされることでしょう。  そして訪れた参拝客には甘茶が振舞われるはず・・・  この絵の下の写真をご覧ください。
              2016年4月7日

興福寺の桜

戻る。



一覧表に戻る



次へ。