正倉院の
 勅 使 門

このあたりの銀杏は正倉院展が始まる頃から黄葉が始まります。もう一週間もすればかなり色付いて秋の深まりを感じるようになることでしょう・・・
突き当たりに勅使門があってその奥に内庭がありますが立ち入ることは出来ません。 見えている白い塀を伝って右に行くと門があり、そこから入って奥に行ったら巨大な校倉がかなり離れた位置から見ることが出来ます。
その校倉が正倉と呼ばれるもの、正倉があるところということで正倉院と呼ばれる訳です。
「正倉」と呼ばれるものは実は他にも沢山あったのですがいつしか全て無くなり、正倉と言えばこの正倉院の正倉を指すことになったそうです。

戻る。



一覧表に戻る



次へ。